高血圧の薬

【カリウムとナトリウム】

 

偏った食生活による高血圧が心配されますが、その原因のひとつに「塩分」、つまり、「ナトリウム」の摂りすぎがあげられています。
それを防ぐためにも、1日に摂取する量について基準値が設けられています。

 

ただし、漬物や味噌汁など、塩分の多い食生活が習慣になっている日本では、その数値を守ることは難しいとの意見もあります。

 

そこで注目されているのが、塩分を体外に排泄する働きをもつ「カリウム」です。
このカリウムは、ナトリウムと同じく「ミネラル成分」のひとつで、体の調子を整える重要な役目があります。

 

塩辛いものを食べると喉が渇くため水分を過剰に摂取しますが、その結果、体がむくむことにもなります。
それを抑え、体がむくまないようにするためにも、カリウムの存在は大変重要ですが、頼みのカリウムはナトリウムとともに体外にでてしまうのです。

 

そのようなマイナス面を補うためにも、カリウムを含む食材をふだんから意識して摂りいれる必要がでてきます。
手っ取り早いのは、リンゴ、バナナ、オレンジなど、いつでも入手できる果物ですが、ほうれん草やひじきなどを使った和食中心のメニューもお勧めです。

 

もちろん、味付けにお酢を意識して使うなど、ちょっとしたくふうの積み重ねで、高血圧予防にもつながります。